顧客を逃さないカゴ落ち対策
EC,  すべての投稿

【顧客を逃さない!】カゴ落ち対策

こんにちは、気になる!ECです。皆さんは「カゴ落ち」という言葉をご存じですか?ECショップを実際に運営している方でないと、なかなか耳なじみの無い言葉かもしれません。

この「カゴ落ち」、対策をしないとネットショップの売り上げが大幅にダウンする可能性もある大事なポイントなんです。ECショップの運営をしている方も、これから始めてみたいという方も、是非こちらの記事を読んでカゴ落ちの対策を徹底してみましょう!

カゴ落ちって何?

カゴ落ちとは、サイトでユーザーが商品を買い物かごに入れた後、購入を完了せずにそのままサイトから離脱してしまう現象のことです。

ECサイトのデータを多く集めている、アメリカのBaymard Instituteの調査資料「41 Cart Abandonment Rate Statistics」では、世界のECサイトのカゴ落ちの割合は平均69.57%となっています。

つまり、約7割もの人が、かごに商品を入れたまま購入しなかったという事になります。
逆に考えると、かごに商品を入れた全員が商品購入に至れば、売り上げは3倍以上になる計算です。

如何にカゴ落ち対策が重要かが良く分かる数字ですよね。

それではなぜカゴ落ちが発生するのか、対策するためにはどうすれば良いのか順に見ていきましょう!

なぜカゴ落ちが発生するの?

そもそもなぜカゴ落ちは発生してしまうのでしょうか。欲しい商品を決めてカゴに入れたのに購入せず離脱してしまう人がこんなに大勢いるのは少し不思議な気がしますよね。

しかし、以下の統計をみれば、多くの人が「たしかに、そういう事ある!」と思ってしまうかもしれません。

こちらも、Baymard Instituteによるカゴ落ちの理由の統計データが出ています。
データによると、1位から5位までのカゴ落ち理由は以下でした。


1位 送料、税金など追加料金が高かったから
2位 サイトへのアカウント登録が必要だったから
3位 配送に時間がかかりすぎるから
4位 購入完了までのステップが多すぎるから
同率5位 クレジットカード情報を開示したくなかったから
同率5位 合計金額が事前に分からなかったから

カゴ落ちの理由

この統計結果を大まかに分けると、「金額が高くなった・思っていたのと違った」「操作が面倒くさくなった・時間がかかりすぎる」というのがユーザーが離脱してしまう大きなポイントだという事がお判りいただけると思います。

では、ユーザーが購入を諦めてしまわないように、ネットショップはどのような対策を講じれば良いのでしょうか。

NEXTカゴ落ちの対策方法

1 2

簡単ネットショップ運営のUEコンシェルジュ 買付から発送まですべておまかせ 好きな時間・好きな場所で今大人気のネットショップ運営を開始できます!
経験・知識豊富なスタッフがサポートいたしますので未経験でも問題ありません
ネットショップ運営にありがちな在庫・赤字のリスクや発送の手間を全て解消致します!

詳しくはコチラ!