EC,  すべての投稿

5GでECはどう変わるか

こんにちは、気になる!ECです。
みなさん、5Gについてどのくらいご存じですか?まだまだ使用できるエリアは少ないものの、各キャリアの低価格プランや、格安SIMでの利用も始まり、いよいよ本格的に5Gの世界が目の前までやってきました。
首都圏に住んでる方などは、もうすでに利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか?

5Gはただ、4Gより早く通信できる回線ではないんです。5Gについてよく知ったうえで、さらに便利に5Gを利用してみませんか?
また、EC業界でも、5Gによってさらに便利に、たのしく買い物をできるようになるかもしれません。OMOなどのネット~現実のマーケティング方法とも非常に相性の良い5G回線について、覗いてみましょう!

5Gとは

それでは、まずは5Gとはなんなのか、5Gの利用によってどんなことが可能になるのかを見ていきましょう。

5Gとは、「第5世代移動通信システム(5th Generation Mobile Communication System)」の略で、1G・2G・3G・4Gに続く国際電気通信連合 (ITU) が定める規定を満たす新しい無線通信システムです。

ちなみに、1Gは1980-90年代のアナログ無線技術のネットワーク、2Gはデジタル無線による通信で、1999年にNTTドコモがiモードの提供を開始したことでEメールなどが携帯電話で使用できるようになりました。通信技術に世界標準基準が設けられたのは3Gからで、1つの携帯電話を世界中で持ち運べるようになりました。
4Gの前に、3.5Gや3.9Gなどの高速な無線通信技術が台頭し、同時にスマートフォンが普及し始めました。キャリアの中には3.5G・3.9Gのことを便宜的に4Gと表記したプランもあったため、世間的な認識としては4G=スマートフォン用の通信システムとも言えるでしょう。

5Gの大きな特徴は「超高速・大容量、超低遅延、多数同時接続」です。それぞれがどのような意味なのか、どのようなことが可能になるのか1つずつご紹介します。

01超高速・大容量

5Gと言えばだれもがイメージするのは、従来より早い通信速度ではないでしょうか。5Gは現在の4G回線と比べて、なんと約100倍の速度で通信が可能です。これがどのくらいの速さかというと、2時間の映画をたったの3秒でダウンロードできる速度と言われています。
超高速の通信が実現することで、リアルタイムでスポーツや音楽などの配信を視聴したり、その場に参加しているようなVRなどでの演出も可能になります。

02超低遅延

超低遅延というの、利用時にタイムラグを感じずに通信を利用できるという事です。5Gの遅延速度はLTE通信の1/4にあたる0.25ミリ秒ですので、人間の感覚ではほとんど誤差を感じられないだけでなく、今まで遅延の影響で不可能だった遠隔から精密ロボットを使用した手術や、公道をAIで自動操縦ができる自動車などが可能になります。

03多数同時接続

5Gは、スマートフォンのみではなく、様々な通信機器と同時に接続する事が可能となります。これにより、電化製品をスマートフォンですべて管理できるスマートハウスや、あらゆるものがネットワークで管理されるスマートシティのような、SFの世界のような社会が実現するかもしれません。
既にトヨタ自動車が開発を進める「ウーブン・シティ」など、自動運転の自動車が行き来するような近未来的な街の構想が始まっています。

JP – Toyota Woven City

5GがEC市場に与える影響

それでは、5Gはネットショップ・EC市場にどのような影響を与えるのでしょうか。
まず1つ目に考えられることは、オムニチャネルやOMOといった、現実世界とインターネット上のショップを自由に行き来するような販売手法がさらに活性化するという事です。
いままでは、例えば店舗で専用端末を使ってインターネット上の商品も併せて検討・購入をする場合でも、若干のタイムラグなどによるストレスがありました。
5Gの超高速・低遅延な回線を使用すれば、そのようなストレスなくサービスを利用することができます。また、精密な遠隔操作などの技術が可能になれば、無人での販売を行うことも今よりも簡単になるかもしれません。

2つめは、ライブコマースのような販売方法の増加です。超低遅延のシステムを利用することによって、従来のライブコマースの手法に加えて、動画内でシームレスにショッピングが可能な動画コマースや、VR技術を駆使した仮想空間での買い物など、今までよりさらに「店舗で実際に買い物をしている」感覚でネット上での買い物が出来るようになります。

既に利用されている5Gの技術

現在のライブコマースの市場規模などを考えれば、5Gが通信販売に与える影響はかなり大きいことが予想されます。それでは、実際に5Gの技術を利用しているECや、5Gが普及することでさらに一般的になりそうな例を見ていきましょう。

01実店舗への導入例

中国の重慶で2019年にオープンした「京東電器超級体験店(JD E-SPACE)」は世界初の5G電波を利用した体験型店舗です。こちらは、5Gの技術を駆使したショッピングだけでなく、5Gを使用した自動運転車の市場などもすることができる、通信技術最先端を体験できるスポットです。このように、IT先進国の中国ではすでに一般での5Gの商用化が進んでいます。

02カードレス・ペーパーレスの促進

超高速通信によって、電子決済はより安定して使用できるようになり、さらに普及することが見込まれます。スマートフォンだけで決済が可能になるので、ペーパーレスにとどまらず、近い将来カードまで不要となるかもしれません。
また、電子決済の普及が進めば、支払いの無人化が容易になり、店員はサービスの提供に専念することができます。

03遠隔操作・管理による無人倉庫

ECサイトやモールでは、商品を管理する倉庫の存在は必須ですよね。amazonの日本の倉庫は現在4箇所にあり、総床面積は約350㎢です。東京二十三区の約半分の面積の倉庫に大量の商品が並べられています。
倉庫内での作業を、遠隔での操作や管理が可能なAIロボットに任せる事ができれば、増え続ける通販需要にも素早く柔軟に対応することができるようになるでしょう。

今後実現する5Gの世界

従来の通信環境では、動画が途中で止まってローディング画面になってしまったり、通信速度が遅くイライラしたりという事がありました。5Gはこれらのストレスを排除し、インターネットの世界に「没頭」できるようになります。

また、通信技術の発展は、ただ単に人間の仕事が機械に取って代わられていくのではなく、人間にしかできないサービスの提供や気遣いに集中できる環境を作ってくれます。

今後5G、さらにはそれ以上の通信技術が浸透し、私たちの生活はより豊かに、安全なものになっていくのではないでしょうか。
以上、「5GでECはどう変わるか」でした。最後までお読みいただきありがとうございます。

【お知らせ】

EC事業に関するサービス・サイトを運営していく中で蓄積されたプロ目線の最新情報や、今後のEC業界について、今参入するべきECモールなど、2021年の最新ネットショップ事情を一冊のデジタルブックにまとめ、無料でプレゼントしております!

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、EC業界はほとんど打撃を受けずに、右肩上がりの成長を続けています。そんなEC業界に参入したい方はもちろん、副業をお探しの方、起業・開業を目指している方向けに、EC業界のイマ、そして今注目のインポート販売、急成長中のショッピングモールなどの情報を一冊のデジタルブックにまとめました。 無料ですぐにダウンロードが可能です。ぜひEC業界に興味を持っていただければと思います。 また、資料をダウンロードして頂いた方限定で、ECショップを始める際にお得に物流サービスをご利用いただけるクーポンも掲載しております。この機会にぜひご利用くださいませ。

ECのイマがまるごとわかる!デジタルブック無料配布中!

ECのイマがまるごとわかる!デジタルブックプレゼント!

簡単ネットショップ運営のUEコンシェルジュ 買付から発送まですべておまかせ 好きな時間・好きな場所で今大人気のネットショップ運営を開始できます!
経験・知識豊富なスタッフがサポートいたしますので未経験でも問題ありません
ネットショップ運営にありがちな在庫・赤字のリスクや発送の手間を全て解消致します!

詳しくはコチラ!