ファッションと環境問題
EC,  アパレル,  すべての投稿

ファッションと環境問題

こんにちは、気になる!ECです。

大量に生み出され大量に捨てられる衣類品

「ファッションは環境を破壊をしている。」

近年、廃棄物に関する注目度が上がっています。大量生産、大量廃棄されているのは食品業界だけではありません。最近ではファッション業界の廃棄物問題にも注目が集まり始めています。

流行のトレンドファッションが発表される度に流行最先端のデザインの衣服を買い足せば、流行が過ぎた衣服を捨てる機会も当然多くなります。また、私たちが普段何気なくショッピングをするデパートやECサイトの裏側には大量に過剰在庫(顧客の手元に渡る事なく、処分場へ向かうことになる商品在庫、また、その中には、新品のまま焼却処分される衣類もあるそうです。 )を抱えているブランドやショップも多く、現在の日本だけでも衣類の廃棄量は、年間100万トンと言われています。

そして、廃棄された衣類品は焼却され、大量の二酸化炭素を輩出し環境汚染へ繋がっています。
ファストファッションが流行し始めてからは、大量生産が進み、焼却する量もグンと増え、 焼却時には二酸化炭素を大量に排出し、ファッション業界のCO2排出量は増加の一途と辿っているのが問題視されています。
その二酸化炭素排出量は、2030年には約20億8千万トンになると予測されています。
これは一年間に2億3千万台の乗用車から排出されるCO2の量とほぼ同等と言われています。

二酸化炭素排出が増えると直面するのが「地球温暖化」問題です。
気球温暖化により、気温の上昇による人体への影響だけでなく、異常気象による農作物への悪影響や、水不足などの問題を引き起こし、自然や動物たち、私たち人類にも多大な影響を与えます。

どうして衣服は売れ残るのか?

売れ残ってしまう理由として主に以下のようなものが挙げられます。

01ファストファッションの台頭

日本では、1998年にユニクロのフリースが大ヒットしたり、同じ年にスペインのファストファッションブランドであるZARAが進出するなど、急速にファストファッションが広まりました。
低価格で品質の安定したファストファッションは大衆に広く受け入れられた反面、できるだけ低コストで衣類を提供するための大量生産は、余剰在庫を生む原因となりました。
手に入れやすい価格帯から、1シーズンで購入した衣類を廃棄してしまうという、消費者側の問題にも繋がっています。

02流行の先読みの必要性

アパレル業界の根本として、衣類の企画・開発から販売までに半年から1年近くかかることもあり、
流行を先読みしなければならないという構造があります。
そのため需要を予測して発注をする必要があり、予め在庫を確保すべく、大量生産せざるを得ない状況になってしまったと言えます。

03ブランド価値の保全

ファッション業界では、再販・転売を行った際のブランドイメージへの悪影響を懸念する企業もあります。
安易に価格を下げてしまうことで、消費者が衣類の質など商品そのものを信用できなくなり、ブランド価値を下げてしまうというリスクがあるからです。
それによりハイブランドの多くは在庫の衣類をアウトレットやセールなどに回すことが難しく、結果廃棄に繋がるケースが多くあります。

NEXT販売側はこれからどうするか?

1 2

簡単ネットショップ運営のUEコンシェルジュ 買付から発送まですべておまかせ 好きな時間・好きな場所で今大人気のネットショップ運営を開始できます!
経験・知識豊富なスタッフがサポートいたしますので未経験でも問題ありません
ネットショップ運営にありがちな在庫・赤字のリスクや発送の手間を全て解消致します!

詳しくはコチラ!